スタッフブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2019.05.07更新

イタリア旅行最終版

ミラノでは主人の体調の回復が中途半端で、当初予定していたグルメ旅はどこへ?でした。

幸運なことに痛みはどこにもなく、熱があるわけでもないので、市内を歩き回りメトロに乗ってでかけることはできました。

動けばお腹が空く健康な嫁としては苦行でした。

レストランに入っても巨大なお料理が出てきてしまう。

残したくなかったので、気軽に一人分頼めるところを探します。

結局フードコートのような食堂でイタリアのオバちゃんたちが手打ちで作ったシンプルなトマトソースのパスタをいただきました。

それが今日でも忘れられない美味しさだから不思議です。

あっというまに2日間のミラノは終わり、特急列車で一路フィレンツェへ向かいました。

 特急電車

列車でスリがいるという情報からファーストクラスを予約しました。

一車両に10席程度しかなく、食事などのサービスがありますが、勝手に夫が断ってしまい飲み物だけいただこうと、サービスの係りイタリア人の中年オバサンに声をかけても無視。

どんなに大きな声で何度も声をかけても。。

他の旅客にはてきぱき応対でした。

生まれて初めて知りました。東洋人差別。本当に悲しい。歴史上、そして今もある差別ってどれだけのつらさを伴うのでしょう。

ミラノ~フィレンツェの1時間半の時間は短くも濃い時間でした。

さて。気を取り直して憧れの地。フィレンツェに到着です。

一言で言うと・・なんて美しいのでしょう。この街全体が美術館。

 フィレンツェ町

 フィレンツェに着いたのは23日。

イタリアは12月25日、26日は国民の休日で日本でいうところのお正月だそうです。

私が親しくしていただいている素敵なマダムのお嬢さんがこちらでご活躍で事前に沢山の情報をいただきました。

残念なことにクリスマスに日本に帰るとのことで行き違いで一緒にワイン会は叶わずでしたが、不調な主人には丁度良かったかもしれません。

フィレンツェではキッチンつきホテルを予約して、市場で買ってきたものを暖めたりちょっとした料理を作って

静かにクリスマスを迎えました。

しかし・・人が多くて驚きでした。美術館に入るのに6時間待ち。。一体・・残念ながら外から見る景色を私たちの美術館としましょう。

クリスマスの日はピサの塔に行くことができました。

極寒の情報でしたが、私たちが行った時は気温が高かったらしくラッキーでした。

ポンテヴェッキオの河川敷を歩き、革製品を見たり、知り合いのジュエリー工房を探し当てたり。

そうそう、行くところ行くところでパネトーネが出されました。(クリスマスケーキ(パン))

これまでパネトーネを美味しいと思ったことがなかったのですが、こちらにきてすっかりファンになったのがパネトーネ。

友人のパンの先生にあげようと思ったものも帰国して食べてしまいました。(ホテルからのプレゼントでした)

フィレンツェではもうひとつのお楽しみ。イタリアンジェラート。3件?4件?いただきましたが、全て違う味。

選ぶポイントを教えてもらっていたので、これはNGというお店は入らずにすみました。

それぞれに美味しくて、日本に帰国して食べ比べようと思ってすぐにジェラートを食べましたが比較にならないほどイタリア美味しい~!

ジェラート

少しずつ体調が良くなってきた主人。

フィレンツェでは休日と重なってしまい、ある意味で物足りない感がありましたが、

街をくまなくめぐれたと思います。

こちらで美味しいレストランでラグーソースのパスタやリゾット。ものすごく美味しいワインもいただきました。

お土産にワインを11本。バルサミコ酢12年もの1本。あまりにも美味しかったので空港免税店でもスパークリングワイン購入。

市場でチーズやポルチーニを買い、行き当たりばったりで入ったセンスのいい革製品の店でイタリア人なのに日本語ペラペラ定員さんから

手ごろなななめかけバック購入。

フィレンツェは再訪したいと思います。

2回目のフィレンツェは個人ガイドさんをお願いしてワイン巡りなども楽しみたいなと思います。

岐路もエールフランスにて爆睡いたしました。

 

The end

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2019.04.04更新

こんにちは。

アシスタントの上坂美由紀です。

申告やら自分の趣味のお料理教室やらで多忙にしていて今となり・・・

久しぶりすぎて、この記事??ですが、

旅の思い出として記録に残したいと思っています。

というわけで、今回の旅行の記録はきちんと完結したいと思います。

あと2回くらいで回想記録を完成させたいです。

さて前回からの続きです。

機内で待機すること3時間。ようやく空の旅が始まりました。

夫は機内でよほどお腹がすいてしまったのでしょう。。

機内食、間食、お酒のサービス。食べて飲んでました。

13時間後、定刻より3時間遅れてのパリに到着しました。

現地時間が22時回っていましたので乗れる飛行機はなく、ミラノにトランジットできませんでした。

長蛇の列に並んで、日本では考えられないような遅い対応で、面倒な手続きをして、

エールフランスが用意してくれたビジネスホテルに1泊することになりました。(暗い陰気なホテルでした)

そして翌朝7時20分の便でミラノに向かうことになりました。

パリは午前8時を越えても真っ暗でしたが、飛行機から見た夜明けのすがすがしい景色に

気を取り直すことができました。

パン

 

1時間後、ミラノ到着。

入国手続きをして一番初めに目に入ったのが、沢山のパニーニ。あーイタリアだぁ~~

こちらで軽く朝ごはんしたいくらいなのに、機内でも朝ごはんいただいたので、パス。

思い出に写真だけ。パニーニ

ミラノに到着後、ホテルまでタクシーで行きましたが、運転が荒すぎです。びっくり。

運転手の性格が荒いかというと結構な親日家。このギャップもこの国の性質かしら?

ホテルにチェックインして、少し休んで、夫が留学時代の友人のところに行きたいというので

初めてメトロにて移動しました。夫は古い友達に遭いたく電話手紙送るものの届かなかったそうで・・

私から見るととても夫らしいのですが、テレビ番組の「あの人を探せ」的な神がかりな行動でした。

冬のミラノはとても寒く、住所の建物は見つかったものの、それらしき表札もなく・・

しばらく聞き込み調査をしていましたが、手足がしびれてきて、ここでもう満足してくれないかなとお願いして、

ミラノに戻ってきました。

疲れもあったのでしょう。私は寝ることが特技なのですが、夫は不眠になりがち。(性格は私は神経質で夫は楽天家)

そのときから夫は胃の調子が悪くなったようで大好きなワインも口にしなくなり、これは相当重症だと思いました。

私は普通に過ごせるのですが・・睡眠の力を感じまた。あ。年齢の差かな??

心配しながらもひとまず近場を歩きました。

3泊の予定のミラノは2泊となりました。

町はクリスマスマーケットが並んでいて賑やかで道行く人はお洒落で、自分の想像よりも都会すぎて

大きなデパートが立ち並ぶ大都市という感じでしたが、中央のドゥオモは圧巻でした。

体調不良のため余計な外出は控えました。

ドォモ

 中心のドウォモ

ルームメイトジュリア

宿泊のホテル ルームメイトジュリアはどこをとってもかわいらしいホテルでした。

祈り

これまでのこと。これからのこと。嗚呼!神様!!。祈りました。

 

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2019.02.14更新

こんにちは。アシスタントの上坂美由紀です。

前回に引き続きイタリア旅行記です。

今回は機内編です。(まだイタリアに到着しなくてすみません)

遅れのアナウンスからようやく搭乗して、リラックスしていたのですが、

いつまで経っても飛行機が飛ばない。定刻は30分過ぎています。

「只今燃料を入れております。」とアナウンス。

エールフランスだけにアナウンスの言語がフランス語⇒英語⇒日本語と続きます。

日本語のアナウンスはやや違和感アリなのはなぜでしょう。

「大変お待たせ致しました。飛行機は間もなく離陸いたします。」

いよいよ旅のスタートだわ。と思った瞬間「ドン」と何か大きなものが落ちたような音がして

飛行機が止まりました。しばらくそのまま停止し、機長が機内を確認しています。

何が起きたのかわからないのが不安を煽ります。

そしてまたアナウンス。「この飛行機は点検のため戻ります」と。

それから2時間が経ち・・・誰一人として機内から出れないまま時が流れていきます。

そろそろ困りました。羽田からフランス経由のミラノ行き。

フランスからミラノまでのトランジットの時間が2時間ちょっとなので、そろそろ離陸しないとトランジットできないのです。

そもそもフランス着が夜遅いので、場合によってはミラノのホテルをキャンセルしなくてはいけないし。

機内もざわついてきています。

後にわかったのですが、一旦搭乗すると出国しているので飛行機から降りることはできないのですね~。

3時間以上経過してようやく飛行機が離陸しました。

13時間の食べて寝るの空の旅の始まりです。

エアフランス食事

赤と白と両方頼むし・・・

その後、主人はフルフラットにしても眠れず、私は爆睡でした。

飛行機内のことが後に大きく響きます。

続く・・

 

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2019.01.31更新

アシスタントの上坂美由紀です。

いよいよ平成最後の年になりました。

ご挨拶遅れまして大変失礼いたしました。

本年も上坂幸三税理士事務所はお客様に理解され

信頼される仕事をしていきたく思います。

どうぞよろしくお願いいたします。(上坂幸三)

 

昨年は年末早くにお休みをいただき

(クリスマス頃)イタリア旅行に行ってまいりました。

しばらくはイタリア旅行記を書きたいと思います。

イタリアはミラノ・フィレンツェに個人旅行をしました。

エールフランス 羽田発パリ経由ミラノ行き。

フライト時間は東京からパリまで13時間です。

長時間フライトに備えてビジネスクラスを利用しました。

そこまでは気持ちの準備も体制も万全でした。

出発3時間前に羽田空港に到着。ラウンジにてくつろごうとチェックイン。

到着後すぐに事件は起こりました。

スーツケースを預ける手配をすると・・取っ手が下がらない。

スーツケースは今回使うのが初めてで、サムソナイトの最も新しいものでした。

手荷物カウンターの受付のお姉さんも全力で下ろすのを手伝うもびくともしません。

私たちは中身も荷物も出して確かめるけれど、降りず。

荷物カウンターで言われたのは、スーツケースはおそらく破損するので、

ダンボールに荷物を入れて現地まで送ることくらいでした。

一回も使わずしてなんてこと・・

唯一良かったことは、このスーツケースを高島屋で買ったことでした。

やはりデパートの対応は良かったです。

もうひとつはお昼の便だったので、羽田空港のショップが全てやっていたこと。

同じスーツケースが売っていて、デパートからの対応で同じものの保証と羽田空港の

ショップの方がデパートに送り返してくれたので、スタート地点に戻ることができました。

しかし迅速と言ってもここまで1時間半の時間がかかりました。

心身ともに疲れてラウンジに入るもくつろぎ感ゼロ。

「なんかすごく疲れたね~~~~」と。

私たちの乗るエールフランスは遅れのアナウンス。

少し遅くなりようやく飛行機に乗り、とりあえずシャンパンにて乾杯!

エアフランス機内

しかしなかなか動かない・・本当に動かない・・・・

次回に続く

 

 

 

 

 

 

 

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2018.11.13更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税理士上坂(International tax accountant, Uesaka, Kozo )です。

 

先週末小田原へ行って参りました。

2~3ヶ月に1回程度行くのです。

何にしに・・・、野菜、柑橘、かまぼこ等の練り製品を買に行きます。

別に高速代掛けて行く必要はないのですが、気晴らしに行くのです。

それと、ジェラートを食べます。場所はJA朝ドレファーミです。そこで野菜等を買います。

そこのジャラートは中々よろしゅうございます。家内も満足しております。

 

かまぼこは、かまぼこ通りの製造元をまわり買い求めます。

今回はわきや(脇谷)のかまぼこ真薯(しんじょ)を目指していきました。

手作りで他の真薯とは歯ごたえが柔らかく美味しゅうございました。

 

それと行くたびに買い求めるものは練り製品です。

お店は、すぎせい(杉清)です。

注文するとその場で上げてくれます。

これからおでんの季節ですね。

 

ではまた。

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2018.10.23更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税理士上坂(International tax accountant, Uesaka, Kozo )です。

 

最近、40肩、50肩に悩んでおります。

ここ何年もゴルフをしていなかったので、取り敢えずゴルフ練習場に行き始めたのです。

その二回目の練習の時に、右肩に痛みが走りました。アレー?

もう一回スイングをしても痛みがあるので、練習は止めにしたのですが・・・。

その後も腕を前後左右回すと関節あたりが引っかかる感じでスムーズの回せないのと、少し痛みがあります。

 

早速、整形外科に行きました。レントゲンを撮り診断した結果、関節部分に炎症があります。40肩、50肩ですね。

えー!!

炎症止めの薬も出しますがと言われたのですが、取り敢えず、シップ薬を出してもらいました。

その後も痛みはほとんどないのですが、関節当たりがジワーとした感じで、炎症が未だあるのかなと思っています。

 

整体の施術師の方曰く、原因は分からないのですよー!

ネットで調べたのですが、個人差があるが1年以内位に自然治癒するそうです。

そんな訳でそれ以来整形外科に行っておりません。

毎日肩の筋肉をほぐすように前後左右回しています。

早く治らないかと念じております。

 

ではまた

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2018.10.10更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税理士上坂(International tax accountant, Uesaka, Kozo )です。

 

いままでに色々メタボ対策で走りを中心に運動をやってきましたが、運動だけでは不十分であると確信しました。

要するに、相当(無理ではなく)な運動をして、食事もバランス良く、適量に食すること(食べ過ぎない)が一番ではと思ってきました。

 

単純に痩せれば良いとは思はなく、炭水化物を極端に減らしても体にはよくないと言われています。

炭水化物は脳みその栄養源ですからね・・。

仮に痩せても、その後のリバウンドが怖いです。

 

当たり前ですけど、もう一度走ります、食べ過ぎないよう注意していくしかないと肝に銘じている所です。

 

ではまた

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2018.09.07更新

こんにちは。アシスタントの上坂美由紀です。

大きな台風に続き北海道での大地震。

被害に遭われた方。不安な日々が続いていると思います。

心が痛みますが、どうかがんばっていただきたく思います。

私たちは皆、地震の国、日本で生きていかなければなりません。

そのために最低限で最大限のすべきことを再確認して、備えなければ。

私たちは今回も寄付をさせていただきたく思います。

 

さて、話が変わりますが、8月後半、地元世田谷のど真ん中で美味しいブドウを摘んできました。

知る人ぞ知るイベントです。

この夏、ご縁あって出会った世田谷区出身の私の友人が世田谷の何件かのブドウ農園で

8月のどこかの土日で1日だけブドウ狩りを行っていて、そのブドウが大きくてとても美味しいので

是非行ってみて~と耳寄りな情報をくれたので、上野毛にある一番人気のブドウ園さんに早朝から

おにぎりとお茶(朝のお弁当)持参で並びました。

開園9時で7時30分に着きましたが既に長蛇の列でした。abon

長すぎる行列に8時30分に開園されて、またびっくりabon

あまりにも立派なブドウが沢山ありすぎます。テンションアップup arrownote2

誰かが採って落としたブドウが無造作に落ちていて、少しイラっと。

振り向けば、主人とおば様が落ちたブドウを食べて「うまーい」と言ってましたehe

結局欲しいがままに沢山のブドウを収穫して、購入。

 ぶどう

1房をたまたま駅であった行きつけの会席料理店の板長にプレゼント。

もう1房を主人の姉のお家にお嫁に出しました。

既に来年が楽しみなワンデイぶどう狩り。

世田谷は都会と自然との調和が美しく、朝一番でとても心地の良い体験をしました。

幸三

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2018.08.22更新

アシスタントの上坂美由紀です。

命に関わる暑さと連日の天気予報での異例の注意報が続きましたが、感動の甲子園が終わり、夏の終わりを感じております。

この夏は大きな旅行はしませんでしたが、主人が日経プラスで気になった秘湯に出かけましたnote

一泊の小さな癒し。久しぶりの秘湯巡りでした。

今回訪れたのは、新潟県湯沢市近くの貝掛温泉です。

こちらの宿はとても丁寧で言うことなしです。贅沢な時間を過ごせます。

とても歴史を感じる佇まいです。

 

 

秘湯

 

エントランス

こちらは「目の温泉」と言われており、温泉の湯で目を洗うと目の病気が治るとか。

目をあけて洗う勇気はありませんでしたが、温度の低い源泉と沸かしてある熱めのお湯と交互に入ると気持ちが良かったです。

ごはん

 

お料理も心のこもった美味しいお料理でした。

もちろん酒どころです。お酒も美味しくいただきました。(所長)

帰りに八色スイカ、雪室米・・・お酒などなど買って帰りました。

宿のご主人に「いつが一番お勧めの季節ですか?」と伺うと

「一面真っ白の冬が綺麗です」とのことでした。

心の中で無理ーーーーーと叫んでしまいました。

そして若い頃流行った「私をスキーに連れてって」が私の頭の中を横切りました。

ちなみにスキーできませんが。(主人は得意なようです)

こんな風に思い立って出かけるのも楽しいですね。

さぁ。またがんばりましょう~

 

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2018.07.19更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税理士上坂(International tax accountant, Uesaka, Kozo )です。

 

先月ごろから1週間または2週間ごとに事務所から自宅まで走って帰ることにしたのです。今は猛暑のため休止しておりますが・・・。

距離にして約15km程度です。

勿論、一般の道を走るのですから、信号待ち、登り坂等の所では待ったり、歩いたりします。

事務所を出るときは、体が未だ準備が出来ていないため歩いたり、ゆっくり走ったりです。

 

この思い付きは、昔歩いて帰ったことがありまして、それを”走る”に変えたのです。

2011年の時の様に歩いて帰らなくてはならない事態に備えてでした。

走るルートも色々変えていきます。

また、道を間違えて遠回りになることもあります。それがかえって地理感覚を養ういい経験と思っています。スマホが使えない場合も想定して・・・。実はまだガラケー(iphone4を持っていたのですが)なのです。

走った翌日はmapでその走ったルートをチェックして、次回は間違えないようします。

当初約2時間で帰っていましたが、最近は迷うことが少なくなったため約10~15分位短くなっています。

 

ではまた。

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

前へ

SEARCH

CATEGORY

相談予約バナー

赤坂相続税申告・生前対策サポートセンター 相続の事でお悩みなら 事務所紹介 料金表