スタッフブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2013.05.24更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税務税理士 上坂です。
今回は、固定資産評価基準についてです。

3年に一度固定資産評価基準は見直されます。これは3年に一回評価を見直しするのと同時です。
その評価基準の内容は、、ほぼ過年度と同じ内容です。
建物の評価基準は、建築工法とか資材の使われ方の変化に合わせてその都度見直しを行われているようです。が、根本的には内容自体は変更なしとみています。

問題は、法人税や所得税のの様に政令、通達等の整備が十分ではないと肌で感じます。 このことは評価の現場である県や市の役人・職員からも余談で話していると聞こえてきます。 総務省がその評価基準を監修しているのですが、総務省の役人に聞いてもまともな回答はしないです。 そんな状態で物件評価のなんか適正に行われないと感じます。 評価の再調査を申請しても、役人との折衝にしても堂々巡りでらちが明かないことがしばしばです。 これでは明快な指針が評価基準にないためと断言します。 従って、納得のいく評価をするには、建築とは何かを踏まえて、評価基準及び解説の整備をしていく必要があると実感します。

国際税務もやりますが、地方税の役人相手に戦っている税理士、上坂です。

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

2013.05.10更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税務税理士 上坂です。
今回は、東京都都税事務所の評価事情についてです。
都税事務所との付き合いは2000年から続いています。
最近は建物の方が比重が高いです。
ごく最近、豊島都税事務所の建物評価担当役人との折衝・その評価内容についてです。
東京都は「再評価」の制度を独自に設けており、評価内容に不満があれば、「再評価」を申請して、再度評価内容を検証してもらうことができます。
ただし、その再評価に詳しい説明・資料の提供はなく、単純な説明だけで終わらせているのが現状です。
これでは説明責任がなされていないし、納税者側は納得いきません。

法人税や所得税の自己申告では、税務署からの調査については納得いく説明、資料の提供がなければ当然修正申告となる可能性が高いですが、こと固定資産税については同様なことがないのです。
とにかく、当初の評価が適正であると主張するのですが、誰が納得しますか?
「不服であれば、審査委員会に申し出てください。」という。本当に呆れてしまします。
これでいいのでしょうか?
これはライフワークとして取り組まなければ仕組みは変わらないですね。
また、一人でも多くの人が「おかしい?」と言わないととも思っています。

国際税務もやりますが、地方税の役人相手に戦っている税理士、上坂です。

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

相談予約バナー

赤坂相続税申告・生前対策サポートセンター 相続の事でお悩みなら 事務所紹介 料金表