スタッフブログ

sp_btn01.png
メールでのお問い合わせ

2014.03.18更新

こんにちは! 港区赤坂の国際税理士(international tax accountant, Uesaka)上坂です。

平成25年度所得税確定申告も3月17日(今年は二日のびました。)で終わりました。

3600万円(相続人1人の場合)対$5,340,000。 これは何でしょうか?
日本の相続税の基礎控除額と米国の2014年度遺産税の控除額です。
$5,340,000を$1=100円とすると、5億3400万円になります。
日本の基礎控除額は40%減額されましたが、米国は年々インフレーションに合わせて増額になっていきます。
日本は「地形」と同じ、太れませんね! 一方、米国は懐が深いと感じます。
日本の基礎控除額の減額される改正案を聞いたとき、一般市民レベルまで押し下げたという感じでした。
昔だったら、相続なんて関係ないと思っていた市民が現実的に相続税を納めなくてはならい現実が目の前に来ました。

将来受け取る年金も当てにできない状態で、せっせと蓄えた財産を 相続でまた税金として"没収" されるのかと思うと複雑になる方が多いのではないかと・・・・。
何か、時代劇の悪徳代官が農民から税としてコメを納めさせるシーンとダブってしまいそうです。
ちょっと愚痴になりましたが・・・。

ではまた、

投稿者: 上坂幸三税理士事務所

相談予約バナー

赤坂相続税申告・生前対策サポートセンター 相続の事でお悩みなら 事務所紹介 料金表